東京で人探しを探偵に依頼する時のポイント


人探しを成功させるために


人探しをする際に、探偵に依頼するか、警察に捜索願を出すか悩みますが、警察も全ての捜索願に対応できていないというのが実情でしょう。
警察は、家出や人間関係トラブルが原因で失踪したなどの民事事件には、積極的に動いてくれることはあまり期待できません。
それでも人探しをしたいという人は、探偵に依頼するのがおすすめです。
人探しを依頼するタイミングや、探偵が人探しをするのは不可能なケース、料金についてなど知っておくと良いポイントがたくさんあります。
人探しを成功させるためにも、人探しの依頼を検討している人は、事前に知っておきましょう。

探偵に依頼する前に知っておきたいポイント


人探しを探偵に依頼するタイミングを、迷う人がいるのではないでしょうか。
家出の場合は1週間以内に帰宅したり、発見されたりすることが多いですが、最悪のケースを考えると、できるだけ早く探偵に依頼し、捜索を開始させたほうが賢明でしょう。
しかし、探偵でも人探しが不可能なケースがあるため、注意が必要です。
DVによって家出した配偶者を探したい、ストーキングが目的で人探しを依頼したい、個人情報流出が目的である場合は、対応できません。
しばらく会っていない元恋人、同級生、家族、友人や、迷子、金銭の貸し借りがあった相手、浮気をされ駆け落ちしている配偶者、事件性がある場合は人探しの依頼を引き受けることができます。
料金は、探偵事務所によって異なりますが、相場は1回の調査で50万円から70万円です。
時間料金制やパック料金制、成功報酬制など探偵事務所によって異なります。
できるだけ料金を抑えたいという人は、調査対象者の情報をできる限り提出しましょう。
東京で人探しを探偵に依頼しようと検討している人は、アリストデータにご相談ください。
東京には様々な探偵事務所がありますが、アリストデータは低価格でベテランの調査員が調査を行うため、安心してお任せください。

コラム一覧


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ