東京のストーカー被害は探偵に証拠を見つけてもらう


警察が対処できない理由

警察が対処できない理由
東京でストーカー被害に遭っている人もいるのではないでしょうか。
ストーカーは被害者に付きまとい、脅迫行為を行います。
ストーカー行為がどんどんエスカレートしてくる恐れがあり、殺人事件にまで発展する危険性があるため、適切な対応をする必要があるのです。
しかし、警察ではストーカー被害に遭っていても証拠などの事件性がなければ対応してもらうことができません。
ストーカー被害の相談は非常に多く、警察が一つ一つ被害者の話を聞いて罰したり、警告したりすることが難しいのが現状です。
また、ストーカーと言われている人も警察の立場からすると、守らなければならない人権があります。
そのため、ストーカー被害者だけの話で、罰したり、人権を侵害したりすることはできません。
他にも、ストーカーされていると勘違いのケースや、無実だったということもあるため、簡単に警察が動くことができないのです。
しかし、事件が起きてからでは遅いため、ストーカー被害に遭っている人は東京の探偵に調査を依頼して、証拠を掴んでもらいましょう。
自分で証拠を集めようとする人も少なくありませんが、メールや電話の回数だけでは証拠にならないことが多いです。
確実に証拠を集めるためには、プロの探偵に依頼すると安心できるでしょう。

できるだけ早く探偵に依頼しよう

できるだけ早く探偵に依頼しよう

探偵にストーカー被害の証拠を掴んでもらうときには、動画を撮影することが多いです。
しかし、ストーカー被害に遭っている本人が、動画を撮影しようとすると襲いかかってくる危険性があります。
また、防犯カメラや監視カメラを設置するのも難しいでしょう。
探偵に依頼することで、ストーカーに気づかれずに動画を撮影してもらうことができ、証拠を手に入れることができます。
ストーカー被害に遭っているという証拠を集め、警察が認めるとストーカーを取り締まってくれるため、安心して過ごすことができるようになるのです。
被害が大きくなる前に、できるだけ早く依頼しましょう。

コラム一覧


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ