個人向け調査


個人向け探偵・調査

浮気調査

fickleness_investigation【調査方法】
浮気の兆候は、女性が気付きやすく、浮気の兆候を見抜いて、依頼してくるのは、
男女の内、女性の方が多いです。
男性が依頼してくるケースもありますが、女性が依頼してくる場合は、「確たる証拠はないけど、
なんとなく浮気しているようなきがする」という、女性の直感で依頼してきます。
しかし、これがまた当たっていることが多いのです。

浮気の兆候の具体例

浮気の兆候というと、帰宅が遅くなったとか、携帯電話を常時手元において、離れなくなったとか、色々あるかと思います。

こうした行為を隠そうとして、何気なく、細心の注意を払って行動している旦那さんも数多いのではないでしょうか?

どんなにそうした兆候を、出さないようにしても、なにかしら、微妙な空気を感じ取り、浮気をしているという直感から、確信を得てしまうのが、『女性の感』ということになり、逆にいうと、男性が浮気された場合は、これが不思議なことにあまり気づかない場合が多いようです。

浮気をする人のきっかけ

浮気をする人のきっかけには、様々な環境の変化があると思います。その、一つに挙げられるのが、
セックスレスの増加に伴って、浮気する人が、増えてきているという事が、問題視されています。

こうした状況は、年齢によるもの、社会情勢の変化で、ともに働いていて、仕事に追われ、
精神的にも肉体的にも限界の状況であることが考えられます。

セックスレスになるには、男女双方でなく、片方がそうした状況の場合は、その深刻さは
深くなる一方でしょう。

当社では、
・「夫が不倫をした妻」
・「妻子ある男性と不倫関係にある女性」
・「妻の不貞に悩む夫」
・「ご自身にも不倫相手にも家庭がある二重不倫」
・「結婚詐欺」
等、実に様々な立場から悩みを抱えている方から、不倫事案のご相談を受け確実な証拠収集をおこない、数多くの事案を解決してきました。

 共通の傾向として、不倫事案はプライバシーの最たるものであるため、誰にも相談できずに、耐え切れなくなってしまうこと、冷静に対処をするつもりが、ついつい感情的な対応になり、関係を悪化させてしまい、解決の方向性が見えないことなどがあげられます。

「誰にも相談できなかったから」と、お一人で抱え込んでしまい、大きな心理的ストレスが生じ、お仕事やご生活に支障をきたした方もおられます。

しかし、確実な調査を行う事によって真実は明らかになるわけですから、少しでも心の痛みから解放されることでしょう。

 私どもは、守秘義務を負い、ご相談者様のプライバシーは厳格にお守りいたします。そして、確実な証拠収集に努め、過去の類似事案における経験と、法令・社会通念・などに鑑み、相応と思われる解決策をご提示していきます。

ご信頼いただき、ご相談ください

慰謝料について

不倫に関連して、不可避的に発生するのが、慰謝料の問題です。

夫婦は、法律上も強く保護される関係にあることから、その夫婦関係を侵害した側の行為は、
不法行為として精神的苦痛という損害に対する慰謝料支払義務が発生します。

もっとも、精神的な苦痛の内容や程度は、客観的な評価が困難であり、慰謝料については、
その明確な基準が法律によって規定されているものではありません。
 
そこで、一定の基準とされるのが、過去の裁判例です。
類似事案は、類似の結論に達することが公平と思われますし、裁判例はその事案におけるあらゆる
要素・事情が加味され、客観的な裁判官により判断されているため、信頼性・合理性があります。

これらの裁判例の蓄積により、不倫慰謝料の相場という枠組みが形成されていきます。

しかし、問題が二つあり、ひとつは、不倫慰謝料の事例は、特に個別性が強く、同じ事案は
全く存在しないこと、他のひとつは、大多数の方が、裁判外での私的かつ迅速な、合意による
解決を望まれることです。

 判断要素として、不倫行為の期間、不倫に至った原因、不倫行為の頻度、夫婦関係の状況、
被害者側のお子様の有無や影響、双方のご収入、不倫を原因とする離婚の有無(またはその可能性)等において慰謝料請求は異なります。

人探し・所在調査(行方不明の方を探す等)

person_search・もしも、あなたに逢う事ができたなら 心にひそむ、切ない気持ちが 晴れるかも・・・・

どうしても逢いたい、逢って話がしたい。

・30年前の中学時代の同級生とどうしても逢いたい。
・小学校時代の先生、お世話になった人に逢いたい。
・前夫と別れて20年、その時5歳の息子がいました、今どれだけ成長したのだろう。
成長した姿を確認したい。
・成人した娘が、住民票をそのままにしたまま、新興宗教に入信している男と出ていき、
かれこれ5年帰ってこない。年に2度ほど連絡はあるが、所在を調べてほしい。

など、さまざまな人を探しあてました。その確率は80%以上、そして必要に応じては、間違えなくそこに滞在していることを証明する、現在の本人の様相、顔、をビデオもしくは写真にしっかりと収めます。

お金の貸し借りの問題

・親しい友人にお金を貸したが、連絡がとれなくなった。
・損害賠償の民事裁判で勝訴。最初は予定通りの返済が続いていたが、途中連絡が取れなくなった。
いつか現れると思い、そのままにしておいたら時効一か月前になってしまった。

等、金銭の貸し借りにまつわる相談はよくあります。また、債権を回収する一つの手段でもあります。

調査を依頼するにあたっては、調査費用と貸した金額の比率にもよると思いますが、
中には、「お金の問題ではなく、とにかく会って話がしたい」といったクライアントの方もおられます。

本人の居住先及び勤務先を調査し、法的手段もしくは、本人と依頼人で直接お話合いの上、
穏便な解決方法をお勧めしています。
(無謀な取り立て、法定金利を超えた貸付、貸金業者にまつわる調査は一切行っていませんので
ご了承ください。)

調査費用

住所確認のみ¥20.000~
所在調査に関しましてはケースにより値段は異なります。「本人の所在がどこまでわかっているのか」
「関係している人物」「本人に関しての資料がどこまでそろっているのか」など、
よく状況を把握しないと値段が算定できないのが現状です。
一般的には、
   
着手金                 成功報酬
A ¥50.000           ¥100.000(消費税、諸経費別)
B ¥100.000          ¥150.000(消費税、諸経費別)
C ¥150,000         ¥350.000(消費税、諸経費別)
D ¥350.000          ¥500.000(消費税、諸経費別)

案件によってはこの料金プラス行動調査料金がかかります。
相談は無料ですので、値段の見積もりはまずは状況を把握させていただければと思います。

ストーカー対策

平成12年5月24日に「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」が公布し、
同年11月24日から施行されています。この法律はストーカー行為等を処罰するなど
必要な規制を行うことと、被害者に対する援助等を定めており、あなたの身体、自由、名誉、
生活の安全と平穏をストーカー行為の被害から守るためのものです。

ストーキングで一般的なのは男が女を付け狙い、場合によっては暴行・傷害を加えるといういわゆる
典型的なストーキングですが、女性から男性(アイドル、スポーツ選手)へのストーキングも
増加傾向にあるといわれています。

ある人物が異性をつけ狙い、性的欲求を晴らそうとする追跡型ストーキング

職場や・学校で執拗に付きまとう、行動を監視するなどの行為であり、日本で一般に考えられている
ストーキングに当たります。

しかし、これは通常の恋愛に至るアプローチと区別しにくく、本人側が好意をもつ相手に対して行動しただけであると認識している一方、相手側がストーキング被害にあったと認識することも多い。

そのために、ストーキング自体の犯罪性を誤解した者が増え、より深刻なストーキングが見過ごされる要因の一つにもなっています。

また客観的にはストーキング行為を行っていない自分が、相手側の思いこみでストーカーの加害者として扱われる例も増えています。

元妻元夫恋人へのストーキング

相手にふられた腹いせと未練からのストーキング。通常の男女関係としてストーカーと認識されない
ことがありますが、実情は深刻なケースがあるという指摘があり、こうした行為についてもストーキング行為として取り締まり対象になることが増えています。

幼児を狙うストーキング

異常性愛から児童に対して性的欲求を満たす為にストーキング行為や在所を突き止めたりなどして、
付きまとうというもの。

最近は児童に対する犯罪に社会的関心が高まってきており、集団登校やひとりで外遊びさせないようにするなどの措置をとっている地域も多いですが、たとえ加害者が女性であってもそれが成人であれば
児童の力では逆らうことが難しいです。

保護者同伴でない場合、児童だけのときを狙って犯行に及ぶストーカーも多く見られます。

略奪型ストーキング

主に一方的な恋愛感情や、不倫のもつれから引き起こされるストーキング行為で、この場合、
ストーカーの精神は極めて情緒不安定となっていることが多く、殺傷事件にも発展しかねない
危機的状況にあるストーキングといえます。

不倫関係のもつれから引き起こされる場合、対象者は相手のみに留まらず、その家族や妻子などに
までストーキング行為を行うこともあり、嫌がらせや無言電話などで追い詰めていくケースが多い。

警視庁調べのストーカーの実態

現在ストーカー被害の約9割が女性で、一方加害者は約9割が男性だそうです。
しかし、被害者の1割は男性であることからも分かる通り、このストーカー犯罪に男女の区別が
無い事を皆さんに知っておいて頂きたいのです。

では、加害者と被害者がどのような関係なのか警察庁の調査結果よりひも解いてみると、
なんと約6割が顔見知りの犯行だそうです。

加害者と被害者との関係はその5割強が元交際相手で、残りが元夫婦や別居中の夫婦だそうです。
また、全体の約1割がテレビでも取り上げられている片一方に面識のないケースだそうです

それでは、残り約3割はどんな関係でしょうか?、これは「芸能人」や「著名人」が含まれるそうですが、そればかりでなくお世話になった「病院の先生」や「看護婦」、「学校の先生」や「弁護士」等などファンや患者、依頼人や顧客からのストーカー行為が含まれているそうです。

この事からも分かるとおり、顔見知りがしていることだからと思ってしまい、ストーカーでは無いと
思い込んでいる方も多いのではないでしょうか?

一つ間違えれば、殺人事件につながりかねない事態に陥る事例も見られます。
上記をあわせ、何らかの兆候があれば、早めの調査をおすすめします。

また警察では、全事案を取扱いする事が困難な場合があります。
警察を動かす何かの証拠を押さえる事も必要です。

また調査をすることで、恐怖と不安から取り除かれる事でしょう。

弊社は、守秘義務を負い、ご相談者様のプライバシーは厳格にお守りいたします。
そして、確実な証拠収集に努め、過去の類似事案における経験と、法令・社会通念・などに鑑み、
相応と思われる解決策をご提示していきます。

ご信頼いただき、ご相談ください。

少年非行、いじめ問題

少年非行の発生件数がふえてきています。昨年1年間で警察に補導された少年は、15万2,825人、
これは5年間連続でふえていいます。

とくに強盗や殺人などのおもい犯罪や、中学生や高校生による覚せい剤の乱用などがめだっています。

そして学校では、いじめや登校拒否の問題がおきていることを、ご存知でしょうか?

いじめは心と体を傷つける重大な人権侵害です。学校でいじめにあったわが子を守るために、
そして家族だけで悩まないために、親は何ができるのでしょうか。
また、いじめを知 ったとき、周囲の大人はどう対応すればいいのでしょうか。

そもそも、いじめとはどんな行為なのでしょうか。 文部科学省は、「1 自分より弱いものに対して一方的に、2 身体的・心理的な攻撃を加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの。
なお、起こった場所は学校の内外を問わないこととする」としています。

いじめは日常の人間関係の中で起こります。一場面だけを傍目から見ると、仲間同士の
「悪ふざけ」「けんか」「ちょっとやりすぎの行為」と軽く見られてしまいがちなのです。

言葉の暴力だけでいじめられる例も少なくないことで、「軽い口げんか」と
見過ごされてしまうこともあります。

でもそれが学校という閉ざされた空間で、複数の人たちによって、日常的に繰り返されているとしたら……、それは決して「悪ふざけ」でも「軽いけんか」でもありません。

大人が見て見ぬふりをするといじめはエスカレートする。大人が見逃したり、
見て見ぬふりをしていると、子どもは黙認されたと思い、エスカレートしていくのもいじめの特徴です。

最初は小さな芽でもあっという間に、手がつけられなくなるほど大きくなってしまいます。
いじめが日常的に、また、どんどん深刻になっていけば、いじめられる側には、顔を合わせる度に
「また、同じことをされるのでは」という恐怖心が生まれるでしょう。

学校へ行くことに極度の緊張を感じ、精神的に不安定になってしまうかもしれません。
いつ終わるかわからない日常的な暴力から逃れるのは、とても困難なことです。
それは、人を無力にし、将来の希望をも奪ってしまいます。

そういった悪循環の中で、心に深い傷を負い、希望を持てなくなった子どもたちは、
自ら命を断つまでに追い詰められて、取り返しのつかない事態を招きかねないのです。

弊社では「本当にいじめが行われているのか、相手は誰なのか」を調査し、確実な証拠を収集。そして、その事実をはっきりとさせ、一つ一ついじめ問題の解決にあたって行きます。

問題行動や非行についての悩みは,なかなか相談しにくく,一人で思い悩むことになりがちです。

初めに現代型少年非行の特徴から挙げていきます。
まず1つ目は集団心理によって逸脱行動に弾みがつき、共犯事件や集団事件が多いことです。

2つ目に、過去に顕著な問題行動が認められない(過去に非行歴のない)少年が、衝動的・突発的に
重大な事件を起こすということです。

少年の一時的な感情のため犯行を起こした理由がわからない、といった衝動の理論に基づく非行が
増加しているということが言えます。

3つ目に覚せい剤犯罪の増加が挙げられます。
覚せい剤が少年達の身近になり、薬物乱用の危険性や有害性についての認識がないまま、
好奇心から安易に覚せい剤に手だし取り返しのつかない状態に自らはまっていってしまいます。

覚せい剤の使用が増えてきている理由として、使用方法の変化(注射型から吸引型への変化)・
ネーミングの変化・使用動機の変化(ダイエットや遊興目的)・入手経路の変化(以前はやくざから
だったのが、今は不良外国人から入手できる)が挙げられています。

4つ目は共感性に乏しい少年が事件を起こしているケースが多いということです。
うまく周囲との対人関係を持つことができず、困ることはあっても悩めない(加害者意識のない)
少年が単独で犯行に及ぶケースが多いようです。

そして、援助交際も社会問題化しています。出会い系サイトに関係した事件の被害者児童のうち、
女子の割合が平成14年以降連続して99%以上です。

児童が性交の対象となる相手を誘引(もしくは成人が児童に対して性交の相手となるよう誘引)し、児童が金銭と引き換えに性的サービス提供する行為があった場合には、日本では児童買春・児童ポルノ処罰法によって、成人による児童買春とみなされます。
児童との性行為やわいせつな行為は金銭の収受の有無によらず処罰を受け、さらに、成人が13歳未満の性的合意年齢に達していない少年や少女を相手にした性行為は、合意の有無に関わらず強姦罪が適用されます。

こんなことで悩んでいる方、ご気軽にご相談ください。

・夜遊び,無断外泊,家出
・友達関係の問題
・万引き 
・家から金銭を持ち出す
・薬物
・暴走族
・親子関係の悩み 
・家庭内暴力
・学校,職場などでのいじめ(加害,被害)   
・その他,青少年期の問題行動

弊社は、守秘義務を負い、ご相談者様のプライバシーは厳格にお守りいたします。
そして、確実な証拠収集に努め、過去の類似事案における経験と、法令・社会通念・などに鑑み、
相応と思われる解決策をご提示していきます。

不安を取り除くだけでも意外と安心するものです。お気軽にご相談下さい。

個人向け調査詳細

【調査方法】
・取材による聞き取り調査、本人確認地点より尾行張り込みによる行動調査にて帰宅場所、帰宅確認等。
・尾行張り込みによる行動調査にて、本人立ち寄り場所、接触相手、交友関係等が明確に判明します。
・家庭環境、素行、職業関係、交友関係他は取材による聞き取り調査。
・会社登記簿、所有不動産の資産内容は法務局にて登記簿謄本取得。

所在調査

所在不明、家出人探し、行方不明者・失踪者捜索などの探偵調査を行います。
昔の友人、離れた肉親、詐欺師の追跡、テレビ゙番組による公開捜査調査

素行調査・行動調査

尾行張り込みによる、裁判資料証拠収集、不正、不徳行為、素行、行動調査を行います。

指定調査

各種指定事項の探偵調査
個人企業信用調査、結婚調査、採用調査等、各種調査における概要の壱部分を指定により、より深く調査致します。

人物調査

経歴の概要、学業関係、職業関係、性格、素行、人物に関わる調査

報告書の書式は上記に準じますが、特に素行・交友・家庭環境並びに、その雰囲気を詳細に調査します。

その他(上記以外の調査)

筆跡鑑定

記載不明者の文字の鑑定

以下の様な不適切な内容を含むご依頼については、お申し出をお断りさせていただきます。
予めご了承下さい。

  • 「辞職工作」「えん罪工作」など、人に社会的不利益を与える行為
  • 盗聴、盗撮、ストーキング、名誉毀損となる行為
  • 通信の秘密を暴く行為(携帯電話のパスワード解析などを含む)
  • 許可なく盗聴器、位置情報発信器などを取り付ける行為(GPSによる調査を含む)
  • 犯罪行為を助長、幇助する行為
  • 適法な方法で取得できると考えられない情報の調査

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ