TOP


 

素行調査・行動確認専門部署

  • 訴訟問題関する証拠収集
  • 企業調査
  • 社員の不正
  • 取引先の不正
  • 利害関係者の身辺調査
  • 素行調査
  • 離婚訴訟の証拠収集

上記項目の確実な証拠収集 探偵調査のご依頼なら東京の老舗探偵事務所

アリストデータが選ばれる6つの理由

1 料金が明確化されており、ご相談時に説明した以外の料金はかかりません。
2 調査進行状況を迅速に対応致します。
3 営業もベテラン調査員であり、何か不明な点があった場合、責任の部署が別々になることがないので、迅速に解決できます。
4 報告書の提出にあたり調査内容の変更は出来ませんが、裁判所提出用に限り形式をご注文どおり作成致します。
5 またお客様から「調査のDVDが頂きたい」の声が多いですが、他社では今のところ提出が少ないようです。当社ではDVDは最初の頃から提出しています。
6 業界内に於いては低料金で、またその調査内容が他社に劣ることはありません。

代表挨拶

私自身が探偵調査業務を始めたきっかけは、サラリーマン時代6年間、信用調査業務に携わってきました。 もともと探偵業務をやろうとは考えてはいませんでしたが、調査業で独立した時に ㈳法人日本調査業協会の会員になり、そこから本格的な探偵業務をやるようになりました。

探偵調査業務を開業して25年を過ぎました。ご依頼人からのご相談を受ける機会が多くなり、その中にはいろいろな悩みを抱えている方と面談することも多くあります。最初の頃は正直いいますと、人の心情等は殆ど考えたことはありませんでした。「ただ仕事さえ出来ればいい」 「仕事のテクニックさえ磨けばいい」「それで売上を上げて行けばいい」と考えていました。 しかし、何年か業務に携わっていると、お客さまから感謝の声を多数頂くようになりました。そうしているうちに「次はどうやっていい仕事をやろうか」と考える様になりました。そんな中いろいろな業界の方々と交流する機会も増え、各業界の方々の考え方など、たくさんの事を勉強させて頂いています。私も仕事を通して各々のお客様に貢献出来れば幸いです。
全てが上手くいくわけではありませんが、お客様のご要望になるべく応えられるように小回りを効かせられた対応をししていき、また常に調査技術を磨き、人の心情にも応えられるような調査員の道徳教育を十分に行き渡らせ、業界で一番信頼できる会社になれることを目標としています。

株式会社アリストデータ 代表取締役 谷岡 靖夫

代表取締役社長写真

主な事業内容は
裁判資料証拠収集、信用調査、所在調査等を行っています。

一例

某コンピュータ開発会社の子会社で40才代の男性社長からのご相談がありました。 社員が自分で開発した商品と会社のお金を約3000万円相当持ち逃げしたので、所在を見つけて欲しいと依頼を受けました。 最初他の探偵社に依頼し約300万円調査費用を注ぎ込み、あらゆる手段を使って見たものの所在判明に至らなかったので何とかならないかということでした。 そこで当社では、本人と一番接触すると思われる人物を数名上げて、その中から有力候補を一人だけ選び、ある女性を24時間体制で行動を監視する事にしました。そして本人と接触するのを待つことにしました。 その結果、本人はビジネスホテルに滞在している事が判明し、代理人を通じて問題が大きくならずに示談で解決する事が出来ました。

 

当社では調査経緯を随時報告し調査の明確化をしっかりと行い、お客様に安心して頂ける対応のスピードの速さ、コストの対応、料金等も明確に説明いたします。 お客様のご要望になるべく応えられるように小回りを効かせられた対応をしていき、また常に調査技術を磨き、人の心情にも応えられるような調査員の道徳教育を十分に行き渡らせ、目標は業界で信頼できる会社として1番になることです。 訴訟問題、不正問題、取引先の不安、その他、真実がどのようになっているのかはっきりしたい事柄等、探偵調査で解決できる事がありましたら是非ご相談ください。

 

アリストデータの事例紹介

 

ご依頼者の声

 

離婚訴訟の証拠収集でこれまでに他社3社使ってきたが、3社とも最初にもっともらしい ことをゆうが、尾行の失敗が多く、全く結果も出なかった。しかし、アリストデータに依頼して、今迄の業社より料金も安く完璧に証拠を撮ることができた。 離婚訴訟に関する所在調査である特定の場所から尾行で、他社で何日か調査をしたが全て失敗に終わった。しかし、アリストデータに依頼して一日で所在を割り出す事が出来て、料金も前の業社より半額以下で収まった。

お客様の疑問と当社の見解

ホームページを検索して上位掲載されている業者でも「もっともらしいことを謳っているが、
実際依頼してみるといい商品ではなかった」ということは多くの人が経験し、
探偵業者をあまり信用していない人は少なくありません。 そこで、過去に探偵業者に
依頼されたことのあるお客様の疑問と、それに対する当社の見解を解説します。

疑問
調査の相談に出向いた際、30分程調査に関するビデオを見せられ、その後カウンセラーが何人か来て相談すると、数百万円のローンを組まされかけた。その場ではその気になったが帰ってから不審に思い、色々な人に相談した。

見解
当社では調査経験者若しくは仕事を良く理解した調査員のみが、ご依頼人とご面談に応じます。最初から数百万円のローンを組むなどという事は過去にもこの先もありえません。また、このような商法があるという事はお客様にも浸透してきており、今後は廃絶されていくでしょう。

疑問
現在の調査状況を担当に問い合わせても、調査状況を教えてもらえない。

見解
多く聞くパターンは相談員と調査員が別々という事かと。真相は分かりませんが「尾行の失敗などが多く、料金設定の手前その言い訳に即答できないのでは?」という可能性もあります。当社では調査失敗の有無に係わらず、ありのままをご報告し、出来る限り即答しています。但し、行動中にも係わらず何度も何度も調査員に連絡が入るのは、お断りする場合があります。

疑問
探偵業者に相談する時はみんな都合のいいことばかりいうが、実際に依頼したら、お金ばかり請求され失敗ばかりする。

見解
これは探偵業者を問わず、商売であれば多いケースかと思います。確かに容易な調査と思ったのが上手くいかなかったり、以前探偵業者に依頼し調査対象に警戒されたのを当社に廻ってきたり、などの案件もあります。従ってご依頼人から状況をよくヒアリングすることが大切です。「都合のいいことばかりいう」とならないようしっかりと結果を出さなければなりません。実際に90%以上の確立で成功に導いています。

疑問
尾行を失敗しても、調査費用を請求されるのか?

見解
基本的に当然です。調査案件の中には、裁判中や過去に何度もやり調査対象に警戒されている、本人に調査が入っていることがバレている、途中で打ち切らざる得ない、その他さまざまな案件があります。但し、尾行調査の上手下手は調査員によってすごく差がある場合があります。調査員やりたて若しくは下手な調査員のみで調査させると、調査対象に直ぐにバレ警戒されたり、何度も尾行を失敗したり、失敗の度を越す場合もよく聞きます。当社では常に熟練したベテラン調査員を配置させ着手し、また調査失敗に関してもあまりにも当方に過失がある場合は、その時間の料金は頂いていません。但し尾行成功率は90%以上あります。

疑問
調査料金4時間単位ではなく1時間単位で出来ないか?

見解
「基本1時間の調査は出来ません。」現地に行き直ぐ、調査対象がいないことが分かったという場合や尾行からの所在割り出し、勤務先割り出しなど1時間以内で割り出せる場合もありますが、調査員の人件費の問題でアルバイトや素人の調査員を雇っているわけではないため、当社は4時間契約です。1時間調査が度重なれば、熟練の調査員であれば誰もやりませんし、私も絶対にやりません。4時間で何か出てくる可能性も考えられるので4時間が全うと考えます。「1時間の調査お受けします」の業者が受ける場合どれだけの条件があるのだろう?と考えますが、結果当社と比較して調査のクオリティも、トータルの料金も間違えなく同じ位か、当社の方が安く上がると考えられます。

疑問
調査料金の他には何が請求されるのか?

見解
契約前の料金よりも契約してから料金が加算される、ということをよく聞きます。 当社では調査費、車輌代、出張費、諸経費他の料金はしっかりとご説明をして、契約前に説明した料金よりも高くなるということは絶対にありません。

アリストデータの調査料金

貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。企業間及び個人の訴訟問題、
社員の不正疑惑等、誰にも話せない相談事。いざ探偵事務所に依頼しようとしても「サイトに料金の
記載がない、事前に料金がわからない」等といった「依頼する不安」「ご依頼後の不満」をよく耳にします。
当社では、その様な不安を解消できるよう、努めています。

 

東京都公安委員会探偵業届出証明書 第30070592号

他社との行動調査料金比較

お問い合わせ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名 (必須)

    住所(必須)

    電話番号(必須)

    探偵・調査のご相談内容(必須)
    (出来るだけ詳しくご記入下さい)